シュノーケリングをする際の注意点

沖縄と言えば綺麗な海が特徴です。海が透明なので魚が泳いでるところを見ることが可能です。

最近では沖縄のレジャースポットのひとつとして、シュノーケリングを体験できるところが増えてきています。

気軽に体験できる方法としては、お泊りのホテルにあるプライベートビーチでシュノーケルを貸し出しているところが多いと思いますのでそちらでレンタルをしてシュノーケリングをするという手もありますが、せっかく沖縄にきたのですから沖の方まで行って本格的に楽しむというのも大変お勧めです。

私泳げないという方も安心です。シュノーケリングをする際はライフジャケットを必ず着用しますので、海に浮かびながら魚を泳ぐ姿を見ることが可能です。シュノーケリングの体験では、魚の餌をもらえますので餌を持ってると魚が大量に寄ってくるので間近で野生の魚を楽しむことができます。

シュノーケリングは魚のウォッチだけでなく、沖縄の珊瑚が見れるのも特徴です。

珊瑚は普段見る機会も少ないので間近で見ようと接近したり実際に触ってみたいという方も多いと思います。

ですが、注意が必要です。

珊瑚には毒を持ったものもいるので無闇に触ると怪我をする恐れがあります。

また、珊瑚自体はとても貴重なものであり、海の生き物を保護する役目を担っていたり、珊瑚の光合成により酸素を作り出し地球温暖化抑止の役目を持っています。

珊瑚は沖縄の海としてだけではなく、地球環境にとても重要な生物となりますので、シュノーケリングをする際は珊瑚を傷付けないというマナーをきちんと守って沖縄の海を満喫して頂ければと思います。