沖縄ならダイビングもシュノーケリングも存分に楽しめます!

石垣島で絶対外せない2つのダイビングスポット

shutterstock_307672310沖縄でのダイビングは日本のダイバーだけではなく世界中のダイバーが憧れるダイビングスポットを多数抱えています。沖縄県全体にたくさんのすばらしいダイビングスポットがありますが、その沖縄県でも特に人気のたかいのが、沖縄県のみならず日本でも最も南方に位置する石垣島です。全島がダイビングスポットといってもいい石垣島のダイビングスポットで絶対に外せないのが次の二つのダイビングスポットです。石垣島に行ったならダイビングを外すことはできません。そこはダイバー天国なのですから。

底地ビーチは石垣島の有名な観光スポットの川平湾のすぐ近くにあり、目にも美しい白砂の砂浜が続くどこまでも明るいビーチです。底地ビーチの沖に位置するダイビングスポットはすこし潜ればすでにそこは夢にまで見た見渡す限りのサンゴ礁が広がっています。これだけの見渡すばかりのサンゴ礁が広がっているのは他のダイビングスポットでもほとんど見ることはできないでしょう。その上に底地ビーチの沖では水深が浅く、遠浅が続いており、海流も穏やかで、波も穏やかであるので、初心者にもダイビングをしやすい環境にあります。遠浅であり、水の透明度も高いので太陽光がしっかりと届くのでなおさら海中や海中生物がきれいに見ることができるのです。またたくさんの水中の生き物たちに会えることも底地ビーチの沖の魅力ですが、底地ビーチの沖では特に人気の高いウミガメに会える確率が高いことが知られています。それに運が良ければマンタに会えることもあります。

shutterstock_323863934もう一か所は川平石崎マンタスクランブルです。マンタスクランブルという名称で推察できるでしょうが、こちらはイトマキエイというよりもマンタといった方が良く知られている巨大なエイが優雅に泳ぐ姿をまじかで見ることができるダイビングスポットです。マンタスクランブルにダイビングをすれば、100%確実にマンタに会えるというわけではありませんが、かなりの高確率でマンタに会うことができるということで超人気のスポットとなっています。おそらくは世界のダイビングスポットで最もマンタを見ることができるスポットであるといっていいでしょう。体験ダイビングはできませんが、初級クラスのダイバーでも潜れます。しかし、マンタは比較的神経質な生物でもあるので、マンタを見るためにダイビングするときにはしっかりとルールとマナーを守る必要があります。それだできない人はダイビングを楽しむ資格はありません。

最新記事